toggle

BIOGRAPHY

横浜市出身。2歳半よりヴァイオリンを始める。サンフランシスコ交響楽団ユース・オーケストラに入団。同団の欧州演奏旅行に参加し、アムステルダムのコンセルトヘボーなどで公演。第6回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第3位。受賞者演奏会にて東京交響楽団と共演。原村室内楽セミナーにて「緑の風音楽賞」を受賞。奨学金を受ける。
原田幸一郎氏によるプロジェクトQ第二章と第三章に参加し、東京カルテット、ジュリアード弦楽四重奏団、バルトークカルテットなどのマスタークラスを受講。「JTが育てるアンサンブルシリーズ」に出演。ムジカ・パストラーレ、ミッテンヴァルト室内合奏団、横浜交響楽団、横浜管弦楽団、三井住友海上管弦楽団、レーゲンボーゲンオーケストラと協奏曲を共演。
これまでに、村上功、大澤美木、D.コビアルカ、大谷康子、田中千香士、G.プーレ、漆原啓子の各氏に師事。県立外語短大付属高等学校卒業。東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、同大学院修士課程を修了。在学中、藝大室内楽定期演奏会に出演。平成22年度まで東京藝術大学管弦楽研究部非常勤講師を勤める。現在は、ソロや室内楽の活動の傍ら、コブクロを始めとするアーティストのサポートやレコーディング等、多方面で活躍している。
2018年3月7日、オリジナル2曲を含む、1st Album「Dear」をリリース。